天職を見つける方法

こんにちは!ミナトです。

進学、就職、転職、アルバイト、副業。

人生の転機や仕事を選ばないといけないタイミングで、ふと頭によぎるのが「自分がこれからどんな仕事をしたいか」ということではないでしょうか。

また「自分が何がしたいのかわからない」という不安を抱えている方も多いかと思います。

しかし実際は、最初から「自分が何の仕事をしたいか」を知っている人はまれですし、実際にやりたい仕事に就けたとしても「こんなはずじゃなかった」と後悔している人も多いのが現状です。

一度きりの自分の人生。誰しも、仕事選びには失敗したくないですし、好きなことを仕事に出来たら最高ですし、楽しく仕事をしたいですよね。しかし、

  • 好きなことは仕事にしないほうがいい
  • 自分に何が向いているのか分からない
  • 気になっている仕事の将来性が不安
  • 自分の得意なことがわからない
  • どんな仕事があるのか分からない
  • ブラック業界だったらどうしよう

といった不安や、世の中に出回っている多すぎる情報によって、結局「自分が何がしたいのか分からない・・・」という迷宮に迷い込んで、中々一歩が踏み出せないことがあります。

では、具体的にどのように探していけばいいのでしょうか。私の場合はどのように探していったかも含めてご紹介していきますね。よかったら参考にしてみてください。

大多数の人は、”仕事で何がしたいのか分からない”のは当たり前

AかBで迷う人

日本では未だに「終身雇用」という、もはや過去の遺物のようなシステムによって、新卒で1つの会社に入ったら、一生その会社で働き続けないといけない働き方が主流です。

さらに、転職するのも年齢が高くなるにつれ選べる仕事が減り、安定した職に就いていた場合は一か八かのギャンブルのようになってしまいます。

また、新卒で就職を逃してしまうと、正社員になるのも、派遣ですら仕事に就くことが難しい世知辛い世の中。そして一度非正規になると、収入は生活ギリギリで余裕がなく、満足に暮らしていくことが難しい現状があります。

大体、ある程度どんな仕事が向いているのか想像出来たとしても、実際に仕事をしてないのに、仕事に合っているかどうかなんて、誰しも分からなくて当たり前なんです。

しかも日本は、会社が自分のやりたい仕事を優先してくれるわけではなく、会社の指示で簡単に仕事内容や配置が変わったり、会社に都合がいいように働かされる労働システム。

そういった、時代にそぐわない労働システムを継続させているので、日本人の「仕事に対する満足度」は世界でもトップレベルに低いんですね。そして、どんなに好きなことがあったとしても、やりたい仕事はハッキリしないという人の割合は、とても多くなっています。

私も新卒の時は、就職戦線から早々と脱落し、フリーターになりましたが、自分が何がやりたいのか、まったく検討が付きませんでした。

しかし今は、当時では思いもよらなかった仕事をしていますが、楽しく仕事をしながら個人事業主になって、生計を立てることが出来るようになりました。

具体的にどのように探していったのか、詳しくご紹介しますね。

とりあえずやってみる。「試す」ことを諦めない

メガホンで応援する女性

世の中には「自分のやりたかった仕事」「好きな仕事」を仕事にしている人は沢山います。

しかし、自分が心の底からやってみたい、またはずっと夢だったという仕事に就けたとしても、なぜか現状に不満をかかえ、心は満たされてないという人も沢います。

『仕事は楽しいかね』という本の中にも紹介されていましたが、アメリカの精神分析医のもとには、そんな悩みを抱えている人達が毎日数多く詰めかけているんだそう。

実際に、自分の本来やりたかった目標を達成出来たにもかかわらず、「幸せではない」と感じている人が沢山相談にやってきます。

そういう人達はおそらく、幸せになるための「手段」が「目的」と化してしまっている状態なんですね。

例えばよくある話、周りの人達が結婚して幸せそうだからといって、自分も「結婚」すれば幸せになれると信じて婚活を始めたけど、いざ結婚したら、何だか想像していた理想の世界と違った・・・。

こういった人たちように、人生の「目標」自体が「目的」になってしまっているからなんです。

『仕事は楽しいかね』の本にも書かれていましたが、主人公の30代でフリーターをしていた女の子は、「デザイナー」という肩書を手に入れるため、すごい努力をしているのに全然報われない毎日を送っていました。

そして自分の得意な分野が、他の仕事でも応用出来ることにあるとき気づきます。

そしてアルバイト先のカフェで、絵を描くという才能を活かしながら働き出した途端、活き活きとして、幸せを呼び込める毎日に変化していきました。

このように、成功して幸せになっている人は、途中で自分の夢を諦めて目標を変えていったり、自分が本当に「やってみたいと思うこと」に、どんどんチャレンジしたからなんですね。

それには、自分の過去の目標や価値観、周囲の意見に左右されず、常に「今」を考えながら、

  • 自分は何をしている時が一番楽しいか
  • 自分が本来得意なことってどんなこと?
  • どんなことをやってみたいか

ということを常に考え「試していく」ことを繰り返しながら、自分の心に忠実に生きることが本当にやりたい仕事を見つけるカギになります。

好きなことは怖がらず、どんどんやってみる!

クラーク像

また、私が中学生くらいの頃『おじゃる丸』というアニメにハマっていた時期がありました(苦笑)。

その登場人物の中に「フリーアルバイターのケンさん」というキャラクターがいたんです。

ケンさんは、いつもやる気にみち溢れて仕事熱心ですが、「本当に自分がやりたい仕事」が見つからず、全然仕事が長続きしないで色々なアルバイトを転々としているお気楽キャラ(?)でした。

ケンさんの年齢の設定は25歳だそうですが、当時の私には、いつも時間に追われてるサラリーマンの川上さんよりも、活き活きと仕事を楽しんでいるケンさんの方が魅力的に思えました。

きっと彼は色んな経験を通して、いつか本当にやりたい仕事が見つかって、楽しい人生を送っていそうな気がします。

私も、実際新卒から何年もフリーターをずっと続けてきましたが、その際に仕事を探す基準を設けて、

「自分の興味のあることが、少しでも含まれている仕事」

を選ぶようにしました。ぶっちゃけお金をいくら貰えたとしても、やっていて面白くない、やりがいを感じない仕事は苦痛でしかありません。

ですので、最初は自分がやってみたかった印刷に関係する仕事、次は自分が好きな絵を描くための画材を売っているお店、次はデザインに携われる仕事・・・。

といったように、自分が興味のない仕事には一切かかわらず、興味のひかれた仕事に限定して選ぶようにしました。

その結果、今では全然関係なかったWEBライティングの講師や、人に教えるコンサルタントなどを仕事にするようになりましたが、その中でも今までやってきた仕事が役に立って、やりがいもあり、楽しみもあり、そして自分が本当に得意なことや、全然思いもよらなかった将来の夢が出来ました。

このように、まずは自分の興味のある分野、得意なこと、やりたくない仕事をどんどん書き出して、待遇面だけではなく、色々な仕事を検討して、その時一番興味を引かれたり、やってみたい!と思う仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

得意なことは仕事をしながら発見する!

道が開けた人

自分が得意なことはどんなことか、分かっているつもりでも、実際はどうなのか、やってみないと分からないものです。そして、色々な仕事をやっていくうちに、意外な得意分野が発掘されることがあります。

これは本当に実際の仕事をしながらでないと獲得できない、新たな自分の財産です。そしてそこで得たヒントや得意分野を活かして次のステージへと進んでいく。

そうすることによって、最終的には本当に自分がやりたかった仕事に巡り合うことが出来るはずです。

ここで肝心なのは、自分の心の声にいつも耳を傾けていくことです。

本当はやりたくないけど周囲の期待に応えるため、またはお金のため、自分の「本当はやりたくないんだけどな〜」といった声に耳を傾けていく必要があるということ。

逆に自分がやっていて楽しい、これは得意だ、といった仕事があったら、そこを突き進めていくとまた新たな出口につながっている可能性も。

このように、最初から向いていないだろう、待遇面が良くないのでやってみたい仕事だけど諦めようという早まった決断はとても勿体無い選択かもしれません。

どんな事がやりたいか、仕事を通して新しい得意分野も発見できることもあるので、恐れず自分のやってみたいと思う仕事にチャレンジしていってください。

 

まとめ

巷で「好きなことは仕事にしてはいけない」と言われている理由は、おそらく「期待しすぎ」て失望した時のショックが大きいからなのではと思います。

そういう人は、どこかに自分を満たしてくれる環境があるはずだ、と青い鳥症候群に陥りやすくなってしまいます。結局

  • 絶対失敗はしたくない
  • 常に最善の結果を得たい
  • 苦労したくない

といった、自分の歩みを止めてしまう足かせを自分に課してしまうことによって、結局は全てが中途半端で、どこへもたどり着けずに終了してしまいます。

そして悲しいお知らせですが、事実、仕事で自分を100%満足させてくれる会社なんてほぼ存在しません。待遇も給料も仕事内容も、自分を満足させてくれる仕事に就くためには、おそらく自分でそういう会社を作った方が早いです。

仕事に期待していいのは、自分はどんな仕事が得意で、どんな仕事にやりがいを感じ、どんな仕事が楽しいか、成長しながら発見していくことだと思います。

ぜひ、あなたもやってみたいことが分からず、仕事を選ぶのに迷っていたら、「やってみたいこと」「楽しいと思うこと」「得意なこと」に少しでもかすっている分野を狙ってみてください。

きっと次のステップに繋がる道が見つかっていくはずです。