トレンドアフィリエイトの始め方

こんにちは!ミナトです。

今回は「トレンドアフィリエイト」の具体的な始め方について解説していきますね。

トレンドアフィリエイトは、ネットビジネス初心者にもおすすめな王道のノウハウですが、ここ最近はアフィリエイターの間で、「トレンドアフィリエイト=稼げない」という評判をよく聞きます。

その理由は、2017年初めに大手サイトのリライト&コピペ記事の炎上事件をきっかけに、「稼ぐだけ」を目的とした内容の薄いサイトが検索エンジンから次々と圏外へ飛ばされていった現状があるからです。

しかし薄い記事を大量投入することで上位表示していた大手サイトや、トレンドブログのライバルが減り、記事をしっかり作っているサイトは評価されやすくなり、以前より早く上位表示出来るようになりました。

ですので、逆にこれから始める後発組にはとても有利な状況になってます!!

後発組から始めた人は、検索エンジンから飛ばされずに継続的に稼いでいる人のノウハウを実践することで、

  • 検索エンジンから飛ばされるような捨て記事を作る必要がない
  • 最初から継続的に稼げる資産記事が書いていける

というメリットがあるんです。

これを徹底することでブログの評価も高くなり、アクセスや報酬がアップしやすい状況が出来ているんですね。結果的にGoogleから飛ばされる心配が無く、継続的に稼げるブログが出来ます。

これはむしろ今が絶好の参入チャンスではないでしょうか!

2017年以降トレンドアフィリエイトを始めたいと検討しているあなたへ、これからはどんな手法で攻めていけば稼げるブログにすることが出来るのか?

トレンドアフィリ後発組でも、効率的に稼ぐ事ができる具体的な始め方を詳しく解説していきますね。

 

トレンドアフィリエイトとは?どんなノウハウで報酬が得られる?

トレンドアフィリエイトとはどんなノウハウなのか簡単に解説しますと、

1.レンタルサーバーを借りて独自ブログを立ち上げる

2.多くの人が検索している情報をネタに記事を書き、アクセスを集める

3.ブログに貼っている広告を読者さんがクリックする

4.報酬発生!

という至ってシンプルなノウハウです。

記事を書いていく上で、特に商品をお客さんに売り込んだり、難しいセールスやコピーライティングのスキルも必要ありません。

ただブログを作っていく上で、ブログのジャンルやネタの方向性をある程度決める必要があります。

具体的には

  • 芸能人やドラマ、ワイドショーで取り上げられたネタで短期的に爆発的なアクセスを狙っていく「下克上」型
  • 毎年アクセスが来る季節の話題や、自分の趣味や好きなことに関して、または自分の色々な経験談や知識などを扱う「PRIDE」型
  • ジャンルを1つにしぼり、その情報に特化した話題のみを取り扱う「特化(専門)」型

の3通りあり、この手法の中からブログを構築していくことが報酬を上げやすいブログになります。

初心者は特に書きたいジャンルが分からないという方は、いわゆる「ごちゃまぜブログ」から初めていくことをおすすめします。

ある程度ネタやジャンルを統一していくことをおすすめしますが、一番続きやすく成功の近道になるのは、書きやすいジャンルで、楽しく続けられるネタを書いていくことが肝心なポイントになります。

ニュースサイトを参考にしてみると分かりやすいと思いますが、カテゴリーを作って、その中で記事を投稿していき、そのカテゴリーに沿った記事をどんどん増やして行くといったようなイメージです。

例えば「旅行」、「イベント」、「雑学」といったカテゴリーを作り、その中に関連したキーワードで記事を書いていくということですね。

記事を書いていくコツは、情報を分かりやすくまとめ、自分の感想や経験などもちょっとずつ入れながら書いていけばベストです。

広告の収益源は主に

  • Googleアドセンス
  • 楽天、アマゾンA8などのASP

を登録して、広告を記事内に掲載していきます。

具体的にどのような手順で進めていくのか解説していきますね。

 

トレンドアフィリエイトの始め方!何でも”無料”で始めると失敗する?

まず、本格的に取り組んで成功させていく上で一番重要なのは、

「取り組み方の心構え」=「マインド」の部分です。

ちょっと難しいかもしれないので分かりやすく説明すると、「自分がトレンドアフィリエイトにどんな気持ちで取り組んでいくか」ということです。

トレンドアフィリエイトを始める際に一番失敗しやすいのは、

「何でも無料で利用できるものを使って始める」

ということです。

ネットで無料に手に入る情報を元に、手探り状態で無料ブログで始めてしまったり、疑問が出てきたら無料で聞けるY◯hoo!知恵袋や、教えてGo◯などで聞いたりといった「無料」のものしか使わない方ですね。

ネットビジネスにおいて、一番稼げない人に共通する思考は「乞食マインド」と言われています。つまりその名の通り、何でも無料で得ようとする思考のことです。

ビジネスの世界では、その仕事に就くためにはスキルを習得するためスクールに通ったり、資格を取ったりといったように、稼いでいくためには「初期投資」が必要になってきます。

たまに独学でも成功される方はいらっしゃいますが、かなりのメンタルの強さと、自分で問題を解決できる能力が必要になってきます。

ですのですべて無料で始めると、方向性が間違えてても指摘してもらえなかったり、疑問点が出てきても解決法を聞ける人もいないので挫折する可能性が非常に高いです。

トレンドアフィリエイトも立派な「ビジネス」です。

最短で成果を出すには、やはり最初に”成功への道標”をガイドしてくれる教材や、指導してくれる人を利用していく必要があります。

  • ノウハウを詳しく説明してある教材に沿って進める
  • その道で成功している人に教えてもらう
  • 分からないことはすぐに聞けて、迷いなく作業を進めていける環境を作っていく

これが一番成功へ近道になります。

アドセンスやASPは無料で登録することはできますが、最低限進めていく上で、トレンドアフィリエイトに特化した教材を用意して、成功者からアドバイスを貰える環境を作れるとベストです。

 

挫折しないためにかける初期費用はどのくらい必要?

success

私が大体始める際にかけた初期投資の金額は、

  • 教材を買う
  • レンタルサーバー契約と独自ドメインを取ってブログを立ち上げ
  • ブログテンプレート

こちらで4万円かからない程の金額でした。それから始めてすぐにトレンドアフィリに精通した講師の方から月額制のコンサルを受けていたので、一年で使った金額は約20万円もかからない程度でした。

初期投資はアフィリエイトのセルフバック(商品を自分で購入すると代金が返ってくる)や、自己アフィリエイトで資金を作ることができました。(どちらも正攻法なノウハウです。)

しかも作業をしている期間も報酬はどんどん発生しているので、開始後1年経つ前に初期投資分を回収でき、今では一ヶ月で一年で投資した分を回収出来る金額を稼ぎ続けることが出来ています。

運営費もブログのサーバー代(月額1,000円)とドメイン代(年間1,300円)の金額で運用出来ますのでコストもほとんどかかりません。

そのような理由で、初期投資の重要性を理解して「投資した分は取り戻して、それ以上の利益を上げてく!」と思いながら作業を続けていくと、モチベーションもあがりますし、成功に最短のルートで進んでいるので、成果が出せるのも断然早くなります。

 

次にレンタルサーバーを借りてブログ立ち上げ

オープンの雲文字

稼いでいくためのマインドセット(心構えをしっかり持つこと)が完了したら、次にやることは、ブログの立ち上げです。

ブログはso-netブログや、amebaブログなど、芸能人も利用している無料で利用できるブログサービスを使うのがオトクな気がしてしまいますが、長期的に稼いでいく資産ブログを作るには、断然、独自ドメインでレンタルサーバーを借りたオリジナルブログがおすすめです。

しかもアドセンスの申請には2016年から独自ドメインのサイトでないと、審査が通らなくなってしまったという現状もあります。

ですのでまずは

  • レンタルサーバー(自分のブログをネット上で公開するために、データをアップする時にメモリを貸してくれる共用マンションのようなもの)を契約
  • 独自ドメイン(自分のブログのURLのこと。ブログを見に来るユーザーが、アクセス出来るようにするための住所のようなもの)を契約

この二つを契約します。

何だか契約と聞くと、とても高そうだし、解除もめんどくさそうというイメージがありますが、スマホの契約のように2年縛りや解約手数料もありません。

有効期限はドメインの場合は一年で、ドメイン料も一年で100円〜1000円程度のものが多いです。レンタルサーバーも私はエックスサーバーを利用していますが、こちらは月額1000円ほどで、いつでも解約することができます。

レンタルサーバーと独自ドメインの契約が完了したら、レンタルサーバーの設定画面でドメインを連携して、自分のブログを立ち上げる準備は完了です。

 

次にワードプレスとテンプレートのインストール

ワードプレスのテンプレート一覧

次にレンタルサーバーの設定画面で、ワードプレスという、ブログを作成して管理していくシステムをインストールします。

ワードプレスは、HTMLなどインターネットの知識がなくても、簡単にブログが作成できるサービスです。(”サーバー”がパソコンのメモリだとしたら、”ワードプレス”はWindowsのようなパソコンを動かすソフトと同じイメージです。)

こちらはレンタルサーバーの設定画面で、ワンクリックで無料でインストールすることが出来るので、難しい知識やテクニックも全く必要ありません。

ワードプレスが自分のサーバーにインストール完了したら、そのまま自分のブログのワードプレス管理画面のURLに案内されます。この管理画面では記事を投稿したり、ブログのデザインをカスタマイズしたり出来ます。

こちらをブックマークしておけば、あとはサーバーの設定をいじることなくワードプレスの管理画面で記事の投稿やブログ設定を行っていけます。

ですので、自分のパソコンにソフトをインストールしたりする必要もなく、グーグルChromeやインターネット・エクスプローラなどのインターネットが見れるアプリがあれば、どこに居てもネットに繋がっていればパソコン1つでブログを作っていくことができるんですね。

ワードプレスのインストールが完了したら、次にワードプレスにブログのデザインテンプレートをインストールします。

このテンプレートは、無料のものから有料のものまでピンきりです。私は初めは無料のテンプレートを使っていましたが、やはり途中から有料のものを購入しました。カスタマイズがしやすかったり、初心者でも使い勝手がいいのは有料のものです。

アフィリエイターに人気のテンプレートだと「権威」といって、2万円以上するものがあります。

しかし個人的にはSEOの対策がしてあり、デザインが気に入ったものであれば無料、もしくはもう少し安い(3千円〜1万円くらい)タイプでも使いやすいのは沢山あります。

おすすめのテンプレートは沢山ありますので、今度別の記事でご紹介していきますね!

 

設定が終わったら、いよいよ記事を書いてライティングに慣れる!

タイピング

テンプレートをインストール終わったら今度はブログを読者に見てもらうために、タイトルを決めたり、お問い合わせ欄、運営者情報などのページを用意して、ブログの設定を完了させます。

アフィリエトサービスやアドセンス広告の提携に申し込むためには、「記事数」が20〜30記事程度のボリュームがあるブログの状態にしておく必要があります。

なぜなら記事が全くない状態では、「このブログはどんな内容なんだろう?」とコンテンツの情報が全くないので、広告を出せるくらいの価値があるブログなのか判断できないからです。

広告を申請するまでの記事を書いていくポイントは、日記のような記事ではなく、読者の役に立つような情報を提供していくことですね。ジャンルも出来れば絞って、内容に一貫性がある方が望ましいです。

例えば軸になる話題を「仕事」に特化した話題にして、

  • 仕事で早起きしなきゃけないときに、自分がやってる「寝坊しない方法」
  • 忙しい職場で机や床が散らかってしまっている時の「効率的な片付け方」
  • 給料日前でお金が少なくなったときの「節約方法」

などなど。SNSに書いてるようなただの日記記事ではなく、自分の人生で何か役に立った知識などを1000文字くらいにまとめて投稿していきます。

最初のうちは記事を書くのに中々なれずに苦戦しますが、だんだん書いていくうちに誰でも慣れていきます!

私も初めは全然記事を書くのが苦手で、1000文字書くのもとても苦労しましたが書きやすい話題でとにかく手を動かしていったらだんだん慣れてきました^^。

ですので、記事を書くのが初めて!という方は、ここが第一の関門かもしれませんので、気合を入れていきましょう!

 

ASPの登録とアドセンスの申請をする

続いてブログとして記事数もある程度溜まってきたら、楽天やアマゾン、A8といったASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダーの略)の提携登録と、アドセンスの申請を行います。

アドセンスには一次審査と二次審査があり、近年ちょっと厳しくなって審査が中々通らないという方も多くなって来ているので、一次審査は特に万全の体制で審査に申し込んでいくことをおすすめします。

楽天やアマゾンなどのASPは、アカウントを持っていれば審査はそんなに難しくありません。

ただし、どの広告サービスも利用する際に共通して気をつけたいことは、「利用規約(ポリシーやガイドライン)」を熟読することです。

特に広告の貼り方や内容(薬事法に触れていないか、読者を不快にする内容になっていないか)については、初心者の方は知らないうちに規約違反してしまうことがあるので、ここはしっかり読んでおくことをおすすめします。

Googleも以前はタバコやお酒に関する内容は一切ダメだったり、画像の著作権違反などもけっこう知らずにブログに貼ってしまっていたりという事がありますので、注意していきましょう!

 

トレンドアフィリエイトの記事の書き方

キーワードを強調するビジネスマン

ASP とアドセンスとの提携が出来たら、いよいよトレンドアフィリエイトの記事を作成を進めていきます。

ちゃんとした記事を作り込む作業はハードルが高いと感じる人もいるかもしれませんが、あまり気にする必要はありません。

読者のためになる情報を盛り込むことを意識していけば、おのずとWEBライティングに則った記事が書けるようになっていきます。

成功するために必要なスキルは「慣れること」、そして「続けること」、わからないことは「指導してもらう」これが一番成功に必要なポイントです。

二,三年前までのトレンドアフィリエイトと言えば、毎日500〜1000文字くらいの薄い内容の記事を大量にブログにアップして、自転車操業のように短期的に爆発的なアクセスを稼ぐ手法が大流行していました。

それで初心者で内容が薄くて適当に書いた記事でも、2〜3ヶ月もあれば簡単に月収10万円稼げる手法として人気だったんですね。

トレンドアフィリエイトは、芸能人や、ドラマ、映画などワイドショーなどで話題になったネタを拾い集めてひたすらその記事を量産していくというやり方をイメージしますが、私が行っていた【PRIDE式】のトレンドアフィリエイトは、芸能系の話題は一切扱っていません。

それでも一万PV稼ぐ資産ブログになっていますので、やはりネタも続けていて苦痛ではないものを選んでいくことをおすすめします。

 

キーワード選定の方法は?

記事を書いていく上で、一番キモになってくるのが、この「キーワード選定」です。

「キーワード選定」と聞くと、何だか小難しそうな技術が必要なのでは?と思ってしまいますが、

「多くの人が検索している言葉」

と言い換えると、そんなに難しくないかと思います。

例えば秋の行楽シーズンになると、休日を利用してどこかに出かけたいと思った人は、皆さんこんなキーワードを検索するかもしれませんね。

例えば

  • 「関東 紅葉 見頃」
  • 「〇〇(地名) 混雑」
  • 「〇〇(地名) 宿泊」
  • 「〇〇(地名) アクセス」

などなど。人気の場所であれば、そのキーワードで調べた検索結果の記事は、アクセスが多くなります

このように検索する人が多いキーワードを探して、そのキーワードの答えになる記事を書いていくことがトレンドアフィリエイトの記事の書き方の基本です。

 

記事の投稿間隔はどのくらい?

トレンドブログでのアクセス数の目安は、だいたい100記事で1万PV到達を目指していきます。

この100記事という数字は、大体の方はこの記事数で

  • キーワード選定
  • 記事の書き方

に慣れてきて、アクセスが集まるキーワードや、読者ニーズに即したライティングが出来るようになると言われています。

最初は記事の更新頻度はなるべく多い方がブログの評価が高くなります。

私は初めのうちは1500文字程度の記事を3日に一回のスパンで投稿していました。だいたい60記事くらいまでは3日に一回の更新、そして100記事までは1週間に1記事の更新頻度で行っていました。

アクセスを早くあげたい場合は、投稿頻度を上げることも必要ですが、内容をしっかり作って量より質に重点を置いていった方が、アクセスアップは早くなります。

 

収益が発生するまでの期間はどのくらい?

私の場合は、初月から677円稼ぐことができました。記事数にして20記事程度です。

内容も文章もまるで下手くそでしたが、読者さんが少しでも楽しんでもらえることを意識して記事を書いていったので、アクセスも徐々に増えていました。

その次の月は1245円、また次は2,159円、次は5,002円、13,562円…と記事を投入して幾度に倍々ゲームのように収益は伸びていきました。

私は100記事到達するのに約一年はかかってしまいましたが、100記事到達するころに月収10万円を稼ぐことに成功しました。

 

初心者が始めから外注化しても上手くいく?

ビジネス初心者

ライティングがあまり好きではない、または得意ではないという方は、外注化を視野にいれている方もいらっしゃるかと思います。

しかし初心者がいきなり外注さんを扱っていくのはちょっと難しい側面もあります。

なぜなら自分でブログの記事を書いていないので、その記事の方向性が本当に読者さんの需要に合っているのか、またキーワード選定やライティングの基礎が出来ているのかといった所が判断するのが難しいからです。

よく言われているのは、100記事までは自分で書くこと。

そして稼げるようになってきたら外注化を検討したほうが、コツもやり方も熟知しているので外注さんに指示が出しやすいんですね。

あとは外注さんを使いながら、自分も一緒に記事を書いていくというパターンです。

こちらは初期投資の段階で、コンサルや外注費などを用意する必要がありますが、自分もライターさんも一緒に成長してブログの記事を増やしていくことが出来ます。

そして記事数や情報の深掘りも行っていけるので、早い段階でのアクセスアップが狙っていけます。

ただ、個人的な感想としては、外注さん頼みになってオリジナリティが弱いサイトは検索で上位に上がりにくいというデメリットもあります。

ここでもやはり、重要なのは、「読者のためになる情報」をオリジナリティを盛り込みながら記事を書くことは必須です。

 

外注化の具体的な方法とは

外注さんを見つけるには、Twitterなどで募集をかける方法もありますが、一番意欲のあるライターさんが集まっているのは

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • シュフティ
  • ココナラ

といったクラウドソーシングです。

登録は無料で、そして15分もあればお仕事依頼がすぐに出来るようになります。

今は外注化でどんどんトレンドブログを構築している方も多いですし、単価も数百円〜とそんなに高くないので、どうしても作成に時間が取れないサラリーマンの方などは、早い段階での外注化も視野に入れていくといいかもしれません。

ただ、あまりに単価が低いと、自分以上にド素人のライターさんが応募してきてしまう可能性があります。

記事内容をしっかり作ってもらうには、それなりに作業に見合った単価と、ライターさんを教育していくマニュアルの作成などが必要になってきます。

私も特化型ブログ立ち上げには外注さんにお願いしようと検討していますので、また有益な情報があったらご紹介していきますね。

 

まとめ

今回は後発組が最短で成功するためのトレンドアフィリエイトの始め方についてご紹介しました。

何だか最初はどの作業もとっつきにくいような難しいイメージがありますが、それぞれ順番にこなしていけば誰でも出来るシンプルな作業ばかりです。

トレンドアフィリを行う上で重要なポイントは

  • キーワード選定
  • 記事のライティング

ですが、こちらも数をこなしていけば大体どんなネットオンチでも分かるようになってきます。

そして分からないことがあったら、誰かに聞ける環境、これも大事なので、ぜひ押さえておいてください。

ご質問などあったらお気軽にお問い合わせください。

それでは最後までお読み頂き、ありがとうございました!